塩ビ管サックス - PVC saxophone (2017)

水道用の塩ビ管(えんびかん=塩化ビニール管、PVC pipe)で、管楽器のサックス(サクソフォン)を自作しました。見た目の手作り感が強烈ですが、これでも「円錐管をリード(薄片)の振動で鳴らす」という、サックスとして最低限の要素を備えています。

最近はプラスチック製のサックスも市販品が幾つかあるし、なんなら3Dプリンターでも作れてしまうそうですが、そうした「スマートさ」の潮流の中でこそ逆に、こういう無茶なプロダクトの熱量と存在感が際立つと思っています。小サイズのためか音程がとりにくい気がしますが、初心者なりにコツコツ練習を重ねているところです。


マウスピース、リード、リガチャーまで100%自作に挑戦

楽器本体だけでなく、マウスピースも塩ビ管から自作、リードは別の身近な樹脂廃品から削り出して自作、リガチャー(リードの留め具)は銅線を巻いて自作しました。楽器本体からこの3点までを全て自作している人は世界的にも少ないようで(特にリード)、日本では自分だけなんじゃないかと思いますが、ペルーやインドネシアには竹でサックスを自作する人達が居るらしいので、そちらでは普通だったりするのかもしれません。

参考にするため仏セルマー社のテナーサックス用マウスピース「S90」(高いねー)中古品をヤフオクで入手し、主要部の寸法(特にフェイシング=リードに接する面の幅と曲面形状)を測って、塩ビ管(内径13mm管用のストレート継手、1個税別約40円、2個直列)の削り出しで再現しました。そして、買ったセルマーは使いません。笑。どうやらセルマーである必要も無かったようでした。フェイシングの曲面形状の測定と再現は、マウスピースの削り直し(リフェイシング)の作業を解説している米国?の職人さんの動画を参考に進めました。面の角度と平坦度に注意しながら、40番から400番までの紙ヤスリで延々と削ってまず平坦なテーブル面を出し、そこから「測っては削り」「吹いては削り」を慎重に繰り返してフェイシングの曲面を作ります。フェイシングを削りすぎたら再びテーブル面を削ればやり直せます。プロの方の作業ではガラス定規、ガラス台板、ステンレス製厚さゲージといった専用の道具を使うようでしたが、このレベルの精度ならば代用品でいけるだろうと考え、普通の事務用プラ定規、ベニヤの台板、惣菜プラ容器各種を切った自作厚さゲージ(5枚)を使用、これでも手順を踏むことで結構それらしい精度での再現ができました。


工作の鍵は「熱可塑性」

塩ビ樹脂は熱可塑性(熱すると柔らかくなり、冷めると再び硬くなる性質)があります。この熱可塑性を利用することが、今回の工作では随所で鍵になりました。一つはマウスピースのバッフル(上面を斜めに覆う平板)で、これは塩ビ管から切り出した樋形の小片を鍋でゆでて柔らかくし、えいやっと平坦に延ばして2枚のベニヤ板で挟み(やけどに注意!)、冷える前に万力でプレスして作っています。こうして平坦に硬化した小片は次に、のこぎりでバッフルらしい小判形に切り、半田ごてを使った樹脂溶接によって、その周縁をマウスピース本体に固定します。ここでも熱可塑性を利用しているわけです。樹脂溶接は昔ネットで見つけたナイスな技法で(車の樹脂エアロパーツの補修記事でした)、自分は家電や日用品の割れ修理で多用しています。高温のこて先で、接合したい継ぎ目を溶かしながら突き刺してゆくのは新鮮な感覚ですが、のんびりやっていると樹脂が焦げるので手早く行う必要があります。はみ出たバリはカッターナイフと棒ヤスリで削り落とします。棒ヤスリはダイソーの2本組100円「ホビー・工作ヤスリ 平・半丸」が素晴らしく、リード削りでも大活躍しました。

リードは当初惣菜プラ容器を切ったり、クレジットカードを切ったり、PETボトルを熱収縮させて厚くしたり、シリコンシーラントを盛ってみたりと色々試しましたが、職場の飲み会で図面グループ長さんから「そんなの削って作ればいいじゃん」とのアイデアを頂いて一気に解決、図面屋さんのクラフトマンシップの凄さを実感しました。リードの細部についてはその後、当バンドの望月さんが貸してくれたテナーサックス用樹脂リード「BARI(M)」を参考に、幅・長さ・各部の厚さと硬さ(しなり具合)をざっくり再現しました。

塩ビ管の太さは色々試しましたが、最終的には内径13, 20, 25, 30, 40 [mm]を使いました。塩ビ管(塩ビパイプ)は汎用産業資材なのでホームセンターで大変安く売っており、一番細い内径13mmのものが1mで100円前後、一番太い内径40mmのものが1mたしか350円前後でした。大半は信越化学製「シンエツエンビパイプ」ですが一部は三菱化学製「ヒシパイプ」で、互換性があります。耐圧のVP管は厚手で重いため、非耐圧のVU管が選べる大径部分(呼び径40mmの部分)では後者を使っています。ベル部分(大径開口部分)には40×50 [mm]の異径エルボを使っており、1個250円と若干高価です。パイプ同士の結合には、継手による嵌め込みのほか、指穴位置の確保のため、上述の樹脂溶接を随所で使いました(突き合わせの結合部では接着剤よりも圧倒的に強靭です)。リガチャーを銅線で自作するアイデアはSax artist UZUさんの記事を参考にさせて頂き、大変有効でした。使った2mm径の銅線は最低15m長でしか売っておらず(ヨドバシ通販で1050円)、1回の人生では使いきれない量ですが、出来たリガチャーの性能と使い勝手がかなり良いので、すでに元は取れたとも思っています。

ネックの曲げ加工は、台湾の工業高校の教習動画をヒントに、ガスコンロの遠火で少しずつあぶって行いました(これも熱可塑性の利用の一形態です)。今一つきれいに曲げられず、いびつさが残りましたが、あまり深追いすると嵌め込み部分の真円度に影響しかねないので、この手作り感も味かと割り切っています。

唯一つけた左手小指用のキーは、あくまで支援用で必須ではないのですが、あったほうが小指による穴ふさぎ操作がラフで良くなり演奏性がかなり上がります。キーは独自開発のシーソー型であり、輪ゴム(笑)によってキー自体の固定と開状態の保持とを同時に行うという結構画期的な仕様になっています。タンポは豚革の端切れとフェルトを重ねたもので、グルーガンでキーに接着しました。チューニングは成り行き任せでCにしましたが、これにより「移調」とかいう作業が不要になり結果的にラッキーでした。たぶんソプラノサックスぐらいの音域なので、「Cメロディー・カーブド・ソプラノサックス」とでも呼ぶべきかと思います(自信なし)。これよりも低い音域になりますと、音程はより安定するかもしれませんが、指穴の間隔が大きくなるため、キーを用いない指穴式では演奏が困難になってゆくものと予想します。


サックスは円錐管、制約も本質的にあらず

Youtubeでは世界中から「塩ビ管サックス」(PVC saxophone)と称する自作品が盛んに投稿されています。ほとんどのものは、指穴をあけた塩ビの直管に、市販のサックス用マウスピースとリードを装着するか、ゴム風船やコンビニ袋などの薄膜を鳴らす自作マウスピース(これはこれで面白い)を工作したものであって、結構サックスらしい音がする上、音が出る段階までの自作も比較的簡単そうです。しかし薄膜式のものはオーバーブロウができないため、音域が1オクターブ内と非常に狭くなります(音量と調律安定性にも問題があるようです)。他方、リードを用いるものではオーバーブロウが可能ですが、直管の場合はその内径が一定すなわち円筒管であるため、正確にはサックスでなくクラリネットに属するものです(全体形状がJ字型であっても同様)。これに対し、サクソフォンは本体の内径が全長にわたって末広がりに拡大する円錐管です。両者は共鳴のモードが異なるのだそうで、オーバーブロウした場合にクラリネットでは1オクターブ+完全5度上に飛ぶ(3倍音)のに対し、サクソフォンでは丁度1オクターブ上に飛びます(2倍音)。

このため、[1]クラリネットでは1オクターブを超える音域をカバーしようとすると、上下のオクターブ間の完全5度のギャップ(いわゆるブリッジ音域)につき、これを演奏不能な音域として諦めるか、あるいはギャップをカバーするための2~3個のキーを工作する必要が生じます(Youtube上の自作品はいずれもキーが無いため、ブリッジ音域を諦めているものとみられます)。また、[2]クラリネットでは上下のオクターブで運指が異なるため、それだけ運指を覚えるのが難しくなります。これらはいずれも今回作り始めてから気づいたことですが、管楽器経験ゼロの自分には結構きびしい障害になりそうです。

サクソフォンの利点はこれらの裏返しであり、上下のオクターブ間にギャップ(ブリッジ音域)がない結果として、[1]1オクターブを超える音域をカバーしようとする場合でもブリッジ音域をカバーするためのキーが不要であること、及び[2]上下のオクターブで運指が変わらず運指を覚え易いことです。その反面で重要な欠点は、円錐管に丁度よい寸法の既存品が存在しないために、円錐管を一から作成する必要があることです。これについては、円筒である塩ビ管を様々な異なる太さで用意し、これらを長手方向に末広がりになるように継ぎ合わせて、擬似的な円錐管を作成する方法をとりました。このような擬似的な円錐管は設計と工作の難度がやや高いようで、Youtube上でのマウスピース込みの自作例は世界でも3人程度に限られ(ブラジルの方2名とタイの方1名のようでした。リードは市販品)、その完成度もあまり追究しきれていない印象です。これは自作楽器界のブルー・オーシャンなのか、それとも底なしの泥沼なのか?

実際に作ってみると結局どちらも大変でした。かれこれ2本のクラリネットと2本のサックスを様々なサイズで試作したものの、いずれも低音域などがうまく鳴らない失敗作だったため、そのつど分解して素材に戻すなど、ずいぶん回り道をしました。木管楽器の内径分布のスイートスポットは予想以上に狭いようで、既存の楽器を見ずに自作を進めたのが無謀だったのでしょう。しかし諦めないで試行錯誤を続けるうちにアタリが来たようで、サクソフォン1本がどうにか完成!できた楽器本体の寸法(内径分布)は、ヤマハのサイトにいう3°のテーパー角にほぼ一致していました。オーバーブロウすると丁度1オクターブ上に飛び、まさしくサクソフォンとして動作しています。

できた自作品はレジスターキー(オクターブキー)もないため、高い音域の演奏はリードを噛んで無理やり行っています。下唇の内側が痛くなります。音域は狭く、1オクターブ半ぐらい(下のFから上のCまで、ファソラシドレミファソラシド)です。音量もあまり出ません。音色も鈍い印象です(塩ビ素材の弾性に対して粘性がやや顕著であるうえ、ベルが朝顔形でなく円筒形で剛性が低く、ベル周縁のいわゆる響き線も設けていないため、残響効果の量と振動の高周波成分とが不足するものと思われます)。音程も所々怪しいですし、管の抜き差しによる調律もほぼできません。しかし制約が多いとしても見た目のインパクトが絶大であり、また音色も基本部分ないし本質的部分は得られていることから、それで何らかのメロディーが吹ければ注目度は市販のサックスの(2~3倍どころではなく)2~3桁は上と見込みました。目立てばそれでいいのか?いえいえ、利得の大きいところを狙うのがコンセプターの基本であり、当面解決の困難な幾つかの技術的デメリットについてはそれらの一定の部分を非本質的事項にすぎないとして捨象できるだけの度量と決断力が要求されているということです。とかなんとかポジティブに言い換えると俄然やる気が出てきますよね。笑


キーなしでも半音階OK、中南米が注目か

色々試したところ、運指の工夫(リコーダーでいうクロスフィンガリング=ひと穴とばして押さえる等)によって全ての半音階が出せそうなことが分かりました。なので、理屈上はどな曲でも吹けるはずです。運指はネットで見つけたマウイ・ザフーン(Maui xaphoon, ハワイの竹サックス=円筒管)の運指表を参考に試行錯誤して決めましたが、黒鍵音がほぼクロスフィンガリング(一部は半押さえ)という独特かつ複雑なものであり、おそらくどんなサックスとも異なっています。しかし自分は本物のサックスを吹く人になる意欲が全然ないので、特殊な運指を覚えることにデメリットは感じていません。こうした割り切りができるのも素人の強みでしょう。動画は楽器完成当時(2017年2月)のもの。ネックとベルの構造が現在のものと異なります。


つたない演奏ですが、知識ゼロで制作を始めてからこの動画の段階まで来るのに9ヶ月ぐらいかかっています。まず原理の理解から開始し、マウスピースとリードを闇雲に作り始めて音は出たものの行き詰まり、上述のセルマーのマウスピースを入手してその再現品を作るまでが3ヶ月。そこから楽器本体に着手したものの、ここから更に6ヶ月ほどかかったことになります。というのも制作を進めるにつれ、上述した擬似的な円錐管の設計の難しさに加えて、指穴の配置と大きさ、マウスピースのフェイシング形状とチャンバ容積、リードの素材、リードの形状(長手方向及び幅方向における厚さの分布)、指穴の縁部形状・・・と、どの領域にも未知の勘所があり、それぞれについて失敗と改良を繰り返して、ノウハウを蓄積することが必要でした。特にマウスピースとリードは驚くほど繊細で、0.1mmも削ると挙動が大きく変化します(リードの厚さの管理にはノギスが必須です)。本物のサクソフォンについても両者の「削り方」に関するウェブ上の日本語の情報はほぼ無かったため、英語での情報探索が鍵になりました。リードについて最も参考になった記事はこちら("The Clarinet Reed"=米ニュージャージー大学名誉教授Roger W. McKinney氏、削り部位別の効能説明が圧巻)。

指穴の位置をどう決めるかも最大級の難所で、ほとんどの人はここで頓挫するようですが、自分が最終的にとった手順は以下のとおりです。楽器全体の長さを調整して指穴の無い状態の音程が決まったところで、まず低音側からドリルで1個開けて音程を調べ、音程が悪ければ穴を拡げて修正し(拡げると音程が上がります)、修正しきれなければ塩ビ管の切り屑を半田ごてで溶かして穴を埋め、また別の位置に開ける、音程がOKになったら次の穴(次に低い音の穴)を開ける。これらの手順を全ての指穴が開くまで繰り返すことで、どうにか乗り切りました。この「失敗した指穴を半田ごてで埋める」という技法は、指穴位置を半ピッチずらすような微修正が自在にでき、これにより失敗作の廃棄と初期段階からの再作成を回避ないし激減できるため、サックスにとどまらず管楽器全般(笛や尺八を含む)について樹脂で自作する場面でのブレイクスルーとなりうる重要な着想ですが、ウェブを英語で調べても見当たらなかったので、自分独自の新技術、世界に対する小さな貢献と自負しています(煙が有害かもしれないので自己責任でお願いします)。

まあ根性さえあれば誰でも作れますが、生半可な根性ではとても作れないというのが実感です。なので、様々な積み重ねの末にようやく演奏可能なモデルができたのが大変嬉しく、また誇らしくもあります。尚この動画は2年余で8万再生を超えており、自分の動画のうちで最大のヒット作になりました。再生場所のトップ3はアメリカ・ブラジル・メキシコとのこと、関心のある人は中南米に多いようです(日本は9位)。動画は100%英語にしたことでグローバルなロングテール需要(笑)を拾えているようで、コメント欄ではポーランドのおっさんから技術的な質問を受けたり、ロシアの子供に「音がクソ」とけなされたり、ケニアの女子大生に励まされたり、と幅広い反応があります。こんなものでも地球の裏側の誰かをインスパイア(触発)できていると思うと楽しいです。


路上ライブの幕間で実演開始、DIYトラッドジャズの夜明け?

さて自分はジャズバンド歴こそ長いものの、当初からずっとドラム担当(しかもここ20年は廃材製の)でして、管楽器・鍵盤楽器その他音階のある楽器の知識や経験が一切なく、本物のサックスやクラリネットなどおそれ多くて触ったこともないのですが、塩ビ管サックスが予想以上に仕上がってきて、音階楽器のもつ基本的な魅力といいますか、自分の手元口元の操作に応答してメロディーが出てくる感覚の鮮やかさ、音の配列がなす表情の豊富さ、表現の訴求力の強さに驚かされています。塩ビ管ごときで驚かされるのもどうかと思いますが笑、塩ビ管でさえも大きなポテンシャル(潜在能力)があるとみればこれは看過できません。そこで行きがかり上、このいんちきな塩ビ管サックスでジャズを吹くことを目指して、基本から練習を始めました。コードやスケールをこれまた知識ゼロから独学(図書館とネット)して、スケール練習メニューらしきものを少しずつ構築しつつ、これをほぼ毎日続けています。楽器完成と練習開始から約2年を経て、スケール練習メニューはメジャー、マイナー、セブンス(ミクソリディアン)、マイナーセブンス(ドリアン)、ディミニッシュ、オーギュメントまで増えました。つらい!楽器の音量が小さいのも、かえって自宅練習向きと思っています。好きなジャズ音源の採譜とコピーも始めました。

上達は一進一退ですが、それでも最近では東京都認定大道芸「ヘブンアーティスト」枠でのジャズボイラーズの上野公園路上ライブ(毎月1回)の中休み時間を利用し、当バンドの百戦錬磨のメンバー有志の協力を仰いで、若干のワンホーン演奏に挑戦しています(塩ビ管サックス+箱バンジョー+ベースのトリオ、あるいはサックスソロ笑)。まだまだ音程も運指も不安定で、真剣な鑑賞に耐える演奏ではなく、名実共に冗談音楽の体ではありますが、それでも一応のメロディが聴き取れるため、通りがかりの管楽器経験者と思われる一部のお客様は、まるで宇宙人に話しかけられたような衝撃を受けておられる模様です(そりゃそうだ)。曲は「Burgundy Street blues」「High society」「Dardanella」「Take five」「Night train」「Moanin'」「Now's the time」「Tenderly」など、まさか!と思われそうなもの、「いかつい」もの、いやに趣味の良いもの等を厳選。普段やらないモダンジャズの曲も滑稽感が増すので好んで入れています。結果的にそこそこ大人向けの芸能になっており、そのぶん「ジャズをおもちゃにするな」「へたくそ」「音がクソ」等と、各方面の立派な人たちに怒られそうです。しかし古いジャズ曲はメロディアスで陰影が強くそれ自体が魅力に富んでいるうえ、その聴き手側において、実験的な実演や奇抜な着想に対する感受性や共感力が旺盛であり、濁った音色や劣悪な音質も拒絶せずに音楽的意図を読み取る耐性をもち、実演上の多少の欠損についても脳内補完力を発揮して頂ける傾向が強いため、実は自作楽器での演奏に向いているように思います。つまりは粗野な自作楽器の不完全さも、それがジャズファンの皆様の持つ鍛えられた補完本能を刺激することで、聴き手側におけるむしろ強い参加性ないし協働感覚をしばしば誘発しうるに違いないと勝手に期待するものです。いわば自作楽器の不器用さを逆手にとって、ジャズファンの皆様の優しさや心の隙にピンポイントで付け入るこの演奏形態、これはもしや「DIYトラッドジャズ」なる新ジャンルの夜明けなのか??なお現状は丸暗記で吹くのがやっとであり、その意味でもジャズといえず「ジャズごっこ」というべき段階ですが、目標はコードからアドリブが自在に吹けるようになることです。あまり上手になりすぎると面白くなくなるかもしれませんが、そんな心配はまだ先のことのようです。リーダーがこの有様とあって、見かねた望月さんがたまにアドバイスをくれます。他のメンバーも言いたいことがさぞかし沢山あるだろうと思います。笑


専用の楽器ケースも自作

当初は楽器(もう楽器だ)を分解した状態で、全部を一つの布袋に入れて持ち歩いていたのですが、キーが輸送中に壊れて現場で使えなくなる事故が発生。この反省から、手持ちのベニヤ端材を箱型に切り貼りして、専用のハードケースを自作しました。内部レイアウトをあれこれ工夫し、かつ解体・組立しやすい塩ビ管の特性を最大限に利用した結果、クラリネットのケースに近いサイズまでのコンパクト化を実現。写真から本気度が伝わるでしょうか?外装のビニールレザーと内装のクラッシュベロア布は以前にユザワヤで買ったものを使い、肩部に縫いつけた革はフリマで買った革トートバッグ(なんと10円!)から採取、取っ手と金具類と発泡スチロールも手持ちのストックがあったため、買い足しはパッチン錠1つと接着剤だけで済み、費用がほとんどかかりませんでした。なお楽器ハードケースの自作については、サイト「ウクレレ日記」さんが圧巻の情報量であり、とても参考になりました。


名門クランポンさんも苦笑い

そんなある日、在日フランス人の皆様のパーティーでダンスバンドとして演奏する機会を頂き(2019年4月)、さすがに本番で塩ビ管は吹かなかったのですが、念のため展示だけしておいたところ、ある男性の目が塩ビ管サックスに釘付けに。なんとビュッフェ・クランポン社日本法人のリエナール社長とのことです。クランポンといえばクラリネットの世界では名門中の名門、現在主流のベーム式クラリネットを最初に開発(1843年)した会社でもあります(サックスも作っているそうです)。そんな世界最高峰の木管楽器メーカーのとても偉い方と、ほぼおさるさんクラスの塩ビ管サックスとがいきなりの対面!当方の細部解説に興味津々のご様子だったため、調子に乗って若干のソロ演奏まで披露(たしかSweet Georgia Brown)したところ「こんなの見たことないよ!」と大喜びして下さいました。記念撮影と名刺交換までしてしまい、なんとも身に余る光栄でした・・・!



ジャズボイラーズ - The Jazzboilers

月 に 一 度  公 園 で ジ ャ ズ  や っ て ま す

0コメント

  • 1000 / 1000